ハートと聴診器

逆流性食道炎で起こる胸やけの治療法と対策

NEW POSTS

自律神経失調症とストレス

医者と看護師

原因の見当たらない身体の不調が続いていることはありませんか。内科を受診しても特に病気の原因なども見つからない場合などは自律神経失調症の可能性があります。身体と心に向き合って治療を進めていきます。

発見が遅れるすい臓がん

病院

初期症状が非常に少なく、早期の発見が困難な病気がすい臓がんです。自覚が出来る症状が現れず、気が付いた時には手遅れになる前に、定期検査や生活習慣を見直して予防しましょう。

夜間診療を受診する際に

医者

夕方を過ぎて病院が空いていない時間帯に急に体調がすぐれなくなった場合、お住いの浦安付近の夜間診療を受けられる病院を探さなければいけません。夜間診療をは医療機関案内サービスで紹介を受けられます。

ピックアップコンテンツ

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎が引き起こす様々な症状

今、CMでもよく耳にするほど身近になっている症状が逆流性食道炎です。逆流性食道炎とは強い酸性を含む胃酸が食道を逆流し、胃酸の酸性により食道の粘膜が炎症を引き起こしている状態です。食道は胃酸の強い塩酸を防ぐ力がないため、炎症を引き起こしやすい器官です。炎症が繰り返し起こることで、食道の粘膜がただれたり潰瘍が発生します。また、胃酸の逆流で胸やけや舌酸など不快な症状が度々おこる原因となります。逆流性食道炎によって起こる胸やけや、舌酸の影響で日常生活に支障をきたします。胸やけなどの胸の不快感は、睡眠の妨げや食事が進まない事に繋がります。さらに、気分の落ち込みにも繋がり、集中力もつかなくなります。そんな、日常生活に支障をきたす逆流性食道炎が引き起こす胸やけの対策方法があります。胸やけや胸の痛みは針を刺すような痛みが定期的に起こります。胸の痛みがあるうちは安静にするように対策しましょう。

逆流性食道炎と狭心症の症状の違い

逆流性食道炎によって起こる胸やけでの胸の痛みは市販の胃薬で対策しようとはせず、消化器内科を受診して治療に臨みましょう。逆流性食道炎はきちんとした治療を受けなければ治癒しません。主な治療方法は服薬での治癒を目指します。胃薬で胸やけの不快感の対策をし、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれる胃酸の分泌を抑える薬を服用し逆流性食道炎そのものを治療します。逆流性食道炎は胸付近の違和感は、狭心症の症状と似ているとされています。狭心症は胸の違和感に加えて、背中や左肩から腕にかけてのしびれを伴います。逆流性食道炎と狭心症は似た症状で混同しますが、どちらも治療が必要です。胸付近の痛みがあれば放置せずに内科への受診をして下さい。